失敗続きの1つだけ食べるダイエット

学生時代から数々のダイエットを行いましたが、失敗だとはっきり断言できるのは「バナナダイエット」のように単品だけ食べるダイエットです。バナナの他にもりんごやキャベツも行いましたが、最初の2~3日で飽きてしまい、口寂しさにも我慢できなくなります。そこでつい「一口だけ」とお菓子等をつまみ食いしてしまい、なし崩し的に終了する流れでどれも長続きしませんでした。バランス良く食べなければいけないことを学んだ気がします。
この他にも夕食を早めにして、夜9時以降食べないダイエットを試みましたが、超夜型の私には無理なダイエットでした。就寝時間が遅いのでお腹が減って眠れなくなってしまうのです。むしろ昼間は食欲が我慢出来るので、生活時間や体質に合わせてダイエットした方が良いと感じたものです。夜中に食べてしまうのは健康にも悪いとは分かっているのですが、それが楽しみでもありストレス解消の為に仕方ないと割り切るようにしています。
食事制限をしててもチョコレートなんかをとても食べたくでたまらなくなるものですね。こういうひとはダイエット失敗の原因になります。カロリーを極力少なくし、少しに限定して摂取するようにするといいそうです。
20代のころと変わらず減量するというのは26歳になった位から著しく簡単ではありません。食事療法のための早く痩せたくて飲むようにした有名な青汁も思っていたのと違いおいしいのでよかったです。
若い人に凄く人気のダイエットグッズってトレーニングチューブとかが知られていますけど、ともかく贅肉を減らすのには有酸素運動もした方が効果が上がるのでジャズダンスなどやってみませんか。