ピーチ航空は国内線も国際線も格安。しかし、なぜそんなに安いの?

ピーチ航空の料金を知ると大手はもう使えない

ピーチ航空は2011年に設立されたという新しい会社で、株式については未上場となっています。
私は実際にピーチ航空を利用したうちの1人ですが、自分の場合は関西空港から沖縄の那覇空港の往復というルートでした。
飛行機には国内線も国際線と、何回か乗ったことはあったのですが、なぜこのように安い価格なのかは疑問でした。
勤め先の出張で利用したので、会社の人間が手配してくれたのですが、事前に聞いた料金にビックリしたのを覚えています。
「そんな料金で沖縄まで行けるのか!?」といった感じです。
実際に利用してみて感じたことですが、とにかく機内が狭かったです。
座席と座席の感覚が必要最小限に設定されているためか、あまり余裕がある幅とは言えません。

窓際の席だと、外の景色を見ることができて良いですが、トイレなどを利用しようと思うと、ちょっと大変です。
ANAやJAL等の大きな飛行機会社の座席だと、基本的には左右両方の窓際に二列の座席があり、中央に三列の座席があるという配置です。
これがピーチの場合は左右両方で三列ずつに配置しており、通路は中央の1つだけとなります。
中央の通路の幅も必要最小限になっており、行き交う人が容易にすれ違うことができるスペースではありません。
飛行機に搭乗するお客様というのは、荷物が多いケースが多いのですが、そういった背景もあり、通路は大混雑します。

格安航空でも安全面は問題無しピーチ航空の料金を知ると大手はもう使えない必要以上のサービスはいらない